Flag_of_Antigua_and_Barbuda.svg

アンティグア・バーブーダ

言語

ほとんどの住民が砂糖プランテーションで働いていたアフリカ系奴隷の子孫である。その他にイギリス人、ポルトガル人などもいる。
公用語は英語である。現地の住民の間ではパトワと呼ばれるクレオール語の一種が使われる。

英語を使っている人の割合

英語使用率(%) 総人口(人) 英語を使っている人口(人) 最初から英語を使っている人口(人) あとから英語を使い始めた人口(人)
80 85,000 68,000 66,000 2,000
return top