Flag_of_Somaliland.svg

ソマリランド共和国

言語

大多数の国民は2つの公用語である、ソマリ語かアラビア語を話す。アラビア語教育は学校で義務的に行われ、国中のモスクでも使用される。また、英語も学校で話され、教育されている。
ソマリ語は、クシ語派の、エチオピア、ソマリア、ジブチ、ケニアなどで話されている低地東部クシ語群に属している。最も広く使われているソマリアの方言は共通ソマリ語である。言語の才覚は、ソマリ社会で非常に重要とされている。求婚者、戦士、聖職者、政治家などの能力は、その雄弁さによって大きく左右される。
イギリス領ソマリランドの時代には、英語は学校や政府で支配的だった。政府や民間企業の重要なポストが、ほんの一部の英語使用層によって占められることになり、外国語の支配に基づいて社会・経済の発展を図ることは、大きな問題となった。
1972年にソマリア政府がラテン文字表記によるソマリ語の公的な使用を必須とし、言語による障害は大きく改善することになった。

Wikipediaより

英語を使っている人の割合

英語使用率(%) 総人口(人) 英語を使っている人口(人) 最初から英語を使っている人口(人) あとから英語を使い始めた人口(人)
no data no data no data no data no data
return top