Flag_of_Sudan.svg

スーダン共和国

言語

アラビア語(スーダン方言)と英語が公用語。ヌビア語など非アラブ民族語も広く話される。
2005年の現行憲法は公用語について以下のように定めている。
第八条
全てのスーダン固有の言語は国語であり、敬意をもって扱われ、開発され、普及される。
アラビア語はスーダンで広く話される国語である。
アラビア語は国家レベルで主要な言語であり、英語は国家政府の公用作業言語にして、高等教育における教授言語である。
英語とアラビア語にくわえ、地方議会においては、それ以外の国語が追加の公的作業言語として受け入れられなければならない。
政府と教育のいかなる段階にあっても、英語とアラビア語の使用に差別があってはならない。

Wikipediaより

英語を使っている人の割合

英語使用率(%) 総人口(人) 英語を使っている人口(人) 最初から英語を使っている人口(人) あとから英語を使い始めた人口(人)
no data no data no data no data no data
return top